紋の種類

紋は、種類(染抜き紋・縫い紋・洒落紋)
入れる数(一つ・三つ・五つ)によって、着用シーンが異なります。

染め抜き紋 縫い紋 花紋 ご注文・納期

染め抜き紋

紋の形を白で染め抜き、縁取った紋のことをいいます。


染抜き紋

格の高い紋とされているので、正装用の着物へ入れることがほとんどです。
一つ紋、三つ紋、五つ紋 とあるので、着用シーンに合わせて使い分けします。

1つ紋バナー

背に一つだけ入れます。
略礼装の紋なので、セミフォーマルからフォーマルな場で着用する着物へ入れます。

比翼が付かない色留袖や訪問着・付下げ・色無地・色喪服に入れることで
結婚式やパーティー・お茶会・お子様の入卒式や七五三でご着用いただけます。


 紋入れ代 8,000円

3つ紋バナー

背縫いに一つと両袖の後ろに二つ 合わせて三つ入れます
正装用の紋なので、フォーマルな場で着用する着物へ入れます。

比翼仕立ての色留袖へ入れることがほとんどですが
今では少ないですが、色無地に入れることもあります。
親族の結婚式・パーティーにご着用いただけます。


 紋入れ代 11,000円

5つ紋バナー

背縫いに一つ、両袖の後ろに二つ、両胸に二つ 合わせて五ついれます。
五つ紋は一番格が高く、正式礼装になるので黒留袖と黒喪服には必ず入れます。
最近ではあまり見られませんが、比翼仕立ての色留袖に入れることもあります。


 紋入れ代 13,000円

縫い紋

刺繍で入れる紋のことをいいます。
背縫いに一つだけ紋を入れます。

染め抜き紋と比べ略式なので、セミフォーマルな場で着用する着物に入れます。

比翼の付かない色留袖・訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋に入れることで
友人の結婚式やパーティー・お茶会・お子様の入卒式や七五三でご着用いただけます。

糸の色は、着物と同系色の濃色、又は、淡色 で入れることが多いのですが
金糸や銀糸でフォーマル感を出すこともあります。

縫い紋の刺繍糸

通常は「マツイ縫い」 で入れますが、特殊な縫い方の「相良縫い」なども承っております。

相良縫い

花紋(洒落紋)

多彩色の刺繍で草花模様を表現する紋のことをいいます。
主に無地の紬や、色無地に飾りとして入れて楽しむ カジュアルな紋なので
結婚式やお茶会等 フォーマルな場には向きません。

草花模様の中に、家紋を組み込むことも出来ます。

花紋 洒落紋花紋 洒落紋花紋 洒落紋

ご注文・納期

反物・仕立て上がっている着物、どちらへも入れることが出来ます。

反物・仕立て上がりの着物共に、紋入れのみなら2週間程
お仕立てもご一緒の際には 40日程 お時間をいただきます。



▼紋入れのみ ご注文は下記より▼

単品 加工注文


▼お仕立てと紋入れご注文は下記より▼

全商品ページへ


※特殊な家紋の場合には、別途 型代 5,000円が掛かることがございます。